鍛造法のメリットとデメリット

結婚指輪選びの際、どのようにして作られるのかという基礎知識を知っておけば役に立つ時が来るかもしれません。

大きく分けて鍛造法(たんぞう)と鋳造法(ちゅうぞう)の2種類になりますが、ここでは鍛造法について詳しく紹介していきます。

結婚指輪の製造法の一種である鍛造法というのは、昔の鍛冶屋さんをイメージすると分かりやすと思います。

金属を熱して叩き鍛え上げながら指輪の形にして行く方法です。

金属は硬く無機質な物ですが、熱して叩くという工程により靭性が出ます。

さらには細かい気泡が入り込む事があるのですが、叩くことで気泡が抜け金属の強度も高まるというメリットがあります。

昔ながらの鍛造法は、金属の板を熱し叩き鍛え上げながら指輪の形にして行く手法です。

この場合どうしてもつなぎ目が出来ていまいます。

つなぎ目も叩き上げる事でほとんどわからないようにはなります。

つなぎ目がうっすら残ってしまうのを解決するために、削り出しという方法が取り入れられています。

圧縮加工された金属を丸く削り出し指輪の形にする事で、つなぎ目のないリングになります。

鍛造法にも種類はありますが、結婚指輪は常に身につけている物です。

既製品でもそう簡単には壊れる事がないとしても、つけ心地が良く、丈夫な方が身につけていても安心ですね。

ただし鍛造法は大量生産できない事と、時間と手間がかかるので結婚指輪の価格も若干高めになってしまいます。

職人が手作業で作り上げるので、形もある程度決まってしまうのはデメリットです。

【関連情報ページ→http://backgroundlayoutsforfacebook.com/