鋳造法のメリットとデメリット

結婚指輪を作る方法の一つとして、鋳造法(ちゅうぞう)という方法もあります。

製造法の違いにより、結婚指輪もつけ心地や価格などが変わってきますの。

ジュエリーの事をあまり知らない人も、これから結婚する予定がるなら知っておくと何かと便利です。

鋳造法というのはあらかじめ作られた型に金属を流し込み、マリッジリングやブライダルリングを作る方法です。

型はゴム製やワックス原型など種類もあります。

プラチナ専門店や結婚指輪を扱っている店舗に並んでいる既製品は、ほとんどが鋳造法で作られています。

ワックス型の場合はツリーのように原型を組み立てて置けるので、大量生産が可能です。

もう一つ鍛造法という製造法がありますが、これは職人の手作業で行うため大量生産ができません。

またある程度の技術が無いと良い結婚指輪を作る事ができません。

現在鋳造法が主流となっているのも、職人の数が減少している事が関係しています。

リング選びをする場合は、ほとんどが既製品から選ぶと思いますが、既製品は鋳造法で作られていると覚えておきましょう。

型に金属を流し込む際、気泡が入り込んでしまう事があります。

普通に使っている分には問題ありませんが、気泡の混入により指輪の強度が低下してしまうのはデメリットです。

大量生産するのでデザインが同じになってしまうため、人とは違う結婚指輪を希望する人には不向きです。

大量生産が可能なうえ鍛造法で作られた指輪よりも、価格は安く購入しやすいのはメリットです。

《気になるLINK》感動! 人前式で使いたい“誓いの言葉”文例集|Amebaクラチエ