一押しのぼりの手作り情報通信 初めてのぼりを手作りする時に用意する道具、そして作り方についてご紹介します。練習や下書きなしで作れるとは考えない方が良いでしょう。

手作り感のあるのぼりを作りたいのですがどうすればよいでしょうか?

弁当屋さんがアソコにある、おいしそうと思わせるのが、のぼりの役目です。

限られた店頭空間で、のぼりは客足誘導ツールの最有力候補。

要点をお話ししておきます。

■手描き文字、フリーハンドのイラストで。

弁当屋さんの場合、店先を目立たせて客の目線や足を店頭に引き込むことが、のぼりの使命になります。

とくに弁当屋さんは競争が激しく、どうやって客足を店に向かわせるが生命線。

狭いスペースでも立てられるのぼりは重要視すべきです。

手作り感を出したいのであれば、 “手描きのような書体”がのぼり専門店にあります。

フリーハンドのイラストを描いてのぼりに添えれば、それで十分に演出できます。

■暖色系の原色で生地色を決めてしまう。

のぼりを目立たせたいなら、生地の色に注意することです。

赤や黄色の原色系をのぼりの生地色に使って、とにかく客の目に訴えることです。

食べ物では暖色系の色を使うのがセオリー。

夏ののぼりでも寒色系を使うと客足が伸びなくなります。

食欲をそそらない色だからです。

暖色で原色系を地色に使ったら、メインになるキャッチの文字は白抜きでも目立ちます。

暖色系について詳しく知りたい方はこちらを参考にどうぞ:色の基本を学ぶ(用語集) – NAVER まとめ

■手作り感は、店主のメッセージをキャッチの周辺に散らすことでも演出可能です。

単純明快、ワンフレーズに思いを込めましょう。

たとえば「絶対美味しい!」、「お母さんの気持ち!」、「元気もりもり!」、「栄養たっぷり愛情いっぱい!」など、同じのぼりでも、奇をてらわない庶民的な言葉をのぼりの余白スペースに散らしていくことで手作り感は出ます。

入れすぎないように注意しましょう。

Comments are closed.

Post Navigation